バーレーン王国大使館

大使のご挨拶

駐日バーレーン王国特命全権大使

日本の皆様、バーレーン王国大使館ホームページにようこそいらっしゃいました。バーレーンは1971年の独立以来、日本と強い絆を結んできました。また、数十年にわたって日本企業の関心の的であり、よきもてなし役でもありました。

日本にバーレーン王国大使館を開設するという歴史的な決断は、近年バーレーンで実行された、政治、経済、社会、司法、教育、保健など広範囲に及ぶ改革の一環です。私ども大使館のチームにとって重要な任務は、バーレーンと日本のパートナーシップを強化することです。それが改革と同調し、日本の皆様に私たちの国への興味をかき立て、双方の国民間で本物の豊かな文化を紹介しあうようになればと思います。

ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王陛下は、文化、金融、テクノロジーの中心としてのバーレーンの地位をより高めるために、民主的な立憲君主国であるバーレーンの人材育成について野心的な構想を持っています。日本は伝統的な民主主義国であり、世界第2位の経済力を誇ります。日本独自の教育システムは、テクノロジー、経済、生産性に重点を置いています。私たちは将来のビジョンを達成するため互いに有益なパートナーシップを築くことを期待しています。

個人的には、日本の政府と国民の皆さんと共に働いて二国間の絆を強め、美しく友好的な日本での在任中に新しく永続的な友情を多く築くことを楽しみにしております。日本では毎年何百万人もの人が海外旅行に出かけますが、ヨーロッパに行く途中に是非バーレーンを訪ねてみてください。太陽の恵みを受けたこの島国には、興味深い歴史と豊かな文化、美しいゴルフコース、近代的なショッピングモールや砂浜のビーチがあります。

このホームページがバーレーン王国を理解していただく手助けになるよう願っております。

ハリール・ビン・イブラヒム・ハッサン博士
駐日バーレーン王国特命全権大使